瞑酩走

走り、酒を飲み、気ままに、寅さんのように。

今年の決め事

15日 走らず


16日 7,70k 34:14(4:27)昼休みラン


17日 4,01k 35:00.8(8:59)昼休み階段トレ3往復


18日 33,23k 総距離
    15,03k 1:03:36(4:14)ビルドアップ


明け方に腹が痛くなり目が覚める。その後は眠りが浅く起きたのは4時51分。白湯にバナナ一本を食べてから走る準備するが、腹から腰回りも痛くなり走ること止めようか迷う。トイレに行くがフン詰まり状態で痛みも治まらない。走れない痛みではないし、走ればトイレに行きたくなるはず、と期待し5時半には走り出す。いつもの川まで5kだが、トイレに行きたくなる気配もなく、腹も腰回りも痛いまま到着。
今朝はSさんと40代の四名でビルドアップスタート。日曜日にハーフを走る方が二名いたので6周のつもりが、Sさんは最近走れてないから7周やるというので、調子はいま一つではあったが7周ビルドアップに。
腹と腰回りの痛みは3周目辺りで気にならなくなったが、左の尻とハムがいつも以上に痛みがある。7周目はギリギリ8分は切ったがキロ3:44が精一杯。


Sさんはバイクで職場へ、一人ジョグしていたら前からラン仲間と美人ランナーがやってくる。すぐに美人ランナーが某実業団ランナーとわかる。仲間のM氏はFacebookで繋がっていたらしく、以前から知り合いだとは訊いていた。M氏に紹介され自己紹介しながら三人でジョグ。吸い込まれるような瞳に心が奪われそうになる。素顔でこれだけの美貌、芸能界やモデルでも活躍できるだろうし、近く引退すると訊いていたので引く手あまたか。


M氏との帰り道の話し。
ラン仲間が二月に転勤なので送別会をやると。その時にこの美人ランナーの「引退を労う会も同時開催でやるので是非とも参加してください」と。
困った。年一度きりの飲み会にしか参加しない、これが今年の決め事の一つだ。その一度が昨年秋に20年ぶりの後輩との飲み会で、今年も秋頃に飲むことになっている。
転勤する仲間とも付き合いも浅く、美人ランナーとも話したのは今朝が初めて。それなのになんで飲み会に参加する必要があるのか。薄情で冷たい人間なのか?
若い時などは飲み会ときけば尻尾を振って喜んで行っていたものだが、この数年はラン仲間との飲み会はつまらなく、職場の飲み会などは何年も行っていない。職場では病気を機に止めたと云っている。


飲み会に意味はないとも思っている。


一人で飲むのには意味はある。


走りの決め事は次の機会に。


次女との喧嘩で三日ほど会話もなかったが、この一言で今回は治まった。
早い夕飯を食べ終わって寝転んでテレビを観ていたら、次女が学校からの帰り途中で買って来た物を手にしながら「ドーナツ買ってきたよ。パパはチョコレートのね」
突然のことにうろたえているのを隠しながら「あっ、ありがとう。甘いの食べたかったんだ」
すでに食後にお菓子も食べて腹はパンパンではあったが、絶対にいますぐに腹に入れなくてはならない食べ物。
久しぶりに次女の笑顔を見ながら食べたドーナツ。忘れられない味になった。


今までも何度も喧嘩をし、これからも喧嘩はするだろう。
その度に修復し家族の絆は強くなっていくものなのだろう。


今夜は一人の夕飯になる。


意味のある飲みになる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。