瞑酩走

走り、酒を飲み、気ままに、寅さんのように。

心の闇は続くのか

7日 4,19k 36:45(8:47) 昼休み階段トレ3往復


8日 7,77k 34:28k(4:26) 昼休みラン


9日 7,70k 35:00k(4:33) 昼休みラン


10日 4,09k 36:40(8:58) 昼休み階段トレ3往復


11日 32,01k 2:46:22(5:12)クロカンコース


思い出せない夢を見ていたら話声で目が覚める。時計を見たら3時19分。聴こえてくる声は隣の次女の部屋からで、小便ついでにドアを開けると携帯で話している。私の顔を見ながら指を口に持っていってシーっとやる。
夕飯後に夜中まで寝ていたのは知っていたが、何も言わない訳にはいかないので一言だけ「早く寝ろよ」と。声が相手に聴こえないように携帯を手で押さえながら「大丈夫だよ。いっぱい寝たから」その顔が可愛くて何も云わず用を足す。


その後も布団にに入ったが寝れず、4時40分には起き、白湯にバナナ一本を食べ走る準備をする。昨日まで筑波山も考えてはいたがなんだか遠出する気にもならず、同い年の気の合う仲間とロング走という選択肢もあったが、これもまた気乗りしない。結局は車で30分のクロカンコースに行く。


6時過ぎには着き、気になるブログや見たくもないラン仲間のグループLINEに目を通し明るくなるのを待つ。


トイレを済ませて30分に走りだす。


この一週間は休むこともなくメリハリのあるトレーニングができている。昨日の階段トレの脚の重みもない。もう少し負荷をかけた階段トレを考える必要があるのかもしれない。特に土曜日はこのオフィスビルの階段はほとんど人が通らないので、息の上がるインターバルもやっていこう。
佐倉に向けてスピード強化もしなくていけない。仕事はほぼ毎日残業で、早い時は5時過ぎには終わるが、どうにも仕事後に走る気になれなくなっている。そうなると水、土の階段トレ以外の昼休みが大事になってくる。そこでとりあえず1分間走を8~10本、ほぼ全力でやってみた。これで慣れてきたら1kのインターバルとステップアップしていきたい。
こんなことを考えながらもラン仲間のことや仕事のことなど、周回を重ねるごとに頭の中で交差して集中できない。ただ時間だけは過ぎていき、坐骨神経痛の痛みも出てくる。


クロカンコース32kをキロ5は切って走りたかった。坐骨神経痛が脚の回転を鈍くしているしている、といっては言い訳に過ぎないか。まあいい。心臓が心配ないならそれでよし。


今現在、このランニングクラブ?に一応所属はしているのだが、どうしたら嫌味のない気付いたらあの人いなくなったね、こんな辞めかたをしたいと考えている。


走り始めて数年経ってから彼の活躍は知っていた。年代は違うが、彼も私もロードレースに出れば入賞し何度か優勝もしてきた。お互いに知ってはいた。きっかけになったのは妻の友人の旦那さんと彼が友達ということを知り、それから私が出向いて一緒に練習をやるようになった。6年前の6月から始まった彼との練習。ここから私は強くなった。年代優勝もロード、トレイル含めて30勝はできた。彼のお陰だった。その彼はクラブにはもういない。練習はみんなとやっているが所属はしていない。理由はいろいろあるが、簡単に云えば面倒になってきたと。


知らない間にメンバーが増え続けた。広く浅い人間関係なんてまっぴらごめん。そんな器用な立ち振る舞いはできない。
今まで通り週一だけ練習させてもらって、目標達成したらおさらば。
気の合う同い年の方とは付き合っていく。
私を避けている男。
以前この男のしてきたことを実家にいる兄に話したことがある。
兄は云った。
「おれだったらつきあわねえな」
これがすべて。


50歳から第二のマラソン人生へ。


自分との対話。


瞑想ランを楽しみたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。