瞑酩走

走り、酒を飲み、気ままに、寅さんのように。

時は流れて


五月以来のブログになる。


六月の人事異動で職場も変わり、環境の変化と会社への不満からトレイルシリーズ戦である最終戦は不参加となった。惰弱さの表れであり、たとえ参加していても年代優勝はできなかったろう。人事異動の内示があったのは六月の中旬で、オクㇺウルトラマラソン、武甲山トレイル後だったのが救い。この二つのレースも思うような結果は残せなかったが、オクㇺは20番以内、武甲山では年代入賞もできた。


八月は猛暑の中での筑波連山入賞。


10月は17kのトレイルレースで総合優勝し二連覇。


11月は三連戦で初戦の40kのトレイルレースで年代優勝。


二戦目は19kのトレイルレースで15kまで単独トップを走ってはいたが、矢印の標識がない分岐を左に進んだらまさかのコースアウト。これもトレイルレース、これもまた実力。


気持ちを切り替えての三戦目は、登山レースと銘打っている14kのロードレースで年代優勝。


12月は17kのトレイルレースで入賞、年代では一位。


この一週間のトレーニング


16日 16,91k 1:34:48(5:33) レースで


17日 7,06k  35:47 (5:04)  昼休みラン


18日 7,50k? 時計忘れ 昼休みラン


19日 7,93k 36:15(4:34) 昼休みラン(600mインターバル含む)


20日 33,35k(総距離)
    14,98k 1:02:13(4:09) ビルドアップ


21日 7,28k 34:51(4:47) 昼休みラン


22日 走らず


23日 32k 3:00:53(5:39) クロカンコース20周


坐骨神経痛は相も変わらず。左脚は尻からハム、脹脛から足裏まで痛い。今朝もクロカンコースのテニスコート脇で中学生が打ったボールが目の前に飛んできて、立ち止まり両膝を曲げて取ろうとしたら「痛ぇ、いや~痛ぇ」 思わず声が出てしまう。この前後も痛みはあり、今も座っていても痛い。


それでも走れている。


痛くても走れている。


酒も飲めている。


家族も健康である。


他に何を望むと云うのか。


時は流れても走れているのだから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。