瞑酩走

走り、酒を飲み、気ままに、寅さんのように。

マラソンシーズンに暗雲

昨日、今日と連休。予定ではラン仲間Aさんと距離踏み(50k前後)の日だったが、Aさんが股関節に痛みがあるとのことで、本日も予定通りには行かず。


昨晩、ほろ酔い気分の時に一本の電話が鳴る。若い上司からの電話だった。「お休みのところすいません。〇さん人事異動の内示がありました」。「えっ、またですか」。


これで何度目の異動だろうか。

2年前の11月、つくばの4日前が異動日だった。この時は連日5時半から21時までの激務で、3日間の便秘にもなった。つくばで2時間30分切って、びわこマラソン参加を狙っていた。この日のために半年間努力してきていた。

この半年間のレースタイムを参考までに。

10k、32.41。

ハーフ、1.12.10

30k、1.46.50(練習)

前日の仕事が終わっても走る気でいたが、身体も心も疲れ切っていた。帰りの電車を待つ間に、キヨスクのビールが目に入る。レース前は禁酒していたが、無意識のうちに飲んでいた。これで張りつめた気持ちが切れた。翌日は9時過ぎまで寝て、びわこは夢で終わってしまった。


心配なのは、今まで通り休み希望が通るのか。10月1日付の異動。4日からつくばまで、日曜日は全てレースで埋まっている。10k、ハーフ、トレイルレース、3戦は招待選手でもある。

つくばはAさんの優勝を見届けるために参加する。これが私にとっては最後のフルになる。陸連登録していないので、Bブロックスタートになるが全てを出し切る。

この言葉を胸に


「全力を尽くすということは、唯一、確かなものとして自分の中に残る」

マッターホルンで遭難し、いまも発見されていない相馬剛さんの言葉だ。


今日は少しだけ家事をやっただけなのに疲れている。

休足日にしよう。

肝臓も疲れている。今宵はノンアルで。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。