瞑酩走

走り、酒を飲み、気ままに、寅さんのように。

筑波連山後に思うこと

重い腰を上げてレースレポを書くつもりでいたが、筑波連山から一週間が経ってしまい、臨場感のあるレポも書けなければ、と言うその前に需要もないだろう。


いま思うことだけ書こう。


来年は出ないと思いながら山を走り、時には歩きも入りその思いは強くなる。
今年から変更になった40k過ぎから長い登り、この間のエイドステーションが一時間位あり、500mlのボトルでは不安になる。この区間が暑くもあり、精神的にも肉体的にもきつかった。


ゴールまでのあぜ道の3kで、地元のおばあちゃんが孫を遊ばせながら「よく頑張ったね」
この言葉に、この一年間のことが走馬灯のように思い出される。
いま走れていることに涙が出そうになる。


昨年はこのラスト区間2kを7分50秒、今年は距離が5k長くなったのもあるからかキロ5分がやっと。それでもこの疲労感が気持ちいい。
ゴール間際も応援は少ない。少ないからこそ「おかえりなさい」の言葉が
心に沁みる。


ゴールテープを切って「これで最後にしよう」


帰りも来年はない開放感と、目標以上の結果に自己陶酔しながら運転していた。追突事故を起こさなくて良かった。


気になっている順位?
レース中に会話した二人のIさんは50k過ぎの加波山でリタイヤ。もう一人のFさんは順位を上げて2位。


私はどうだったのか。


これ以上は言うまい。


また有名になってしまうから。



レースから5連休で翌日は10kジョグ。1時間02分52秒(6:14ペース)


火曜日は家族4人、車で伊香保温泉へ。


水曜日は朝飯前に伊香保温泉街の階段365段を6往復。8k、58分06秒(7:15ペース)


木曜日はいつもの川へ。総距離26,68k、ビルドアップ12,931k(4:24ペース)。ラストはペースダウン。


金曜日から仕事。定時で終わるが走らず。


土曜日は昼休みジョグ5k、27分28秒(5:29ペース)


今日は5時過ぎに起きて31kジョグ、2時間55分25秒(5:39ペース)


充実した一週間でもあり、なかなかタフな一週間でもあった。


このタフさを海外の100マイルトレイルで通用するのか試してみたいが、先立つものがないので無理だ。
ならばUTMFしかない。となると練習のために来年も筑波連山にでるしかない。


なんだかんだトレイルは止めれそうもない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。