瞑酩走

走り、酒を飲み、気ままに、寅さんのように。

最後の飲み会

今週は走れていない。


11日(月)残業二時間半。昼ジョグ5,06k、26分16秒(5:12)


12日(火)残業二時間半。走らず。


13日(水)定時あがり。昼ラン7,83k、35分20秒(4:31)


14日(木)川ジョグ25,11k、2時間09分41秒(5:10)


今朝はいつも通りいつもの川へ行くつもりでいたが、昨日はラン仲間と三人で飲み会。
8ケ月ぶりの飲み会で楽しみにしていたが、胃もたれするような会話に飲みすぎていないのに疲れてしまった。


一人は仕事柄、暴力団と接触することが度々あり、最近もその対応に精神もやられていて参ってしまうと。聴いてみれば金銭絡みで、初めから相手が暴力団とわかっていたとのこと。家族まで危害がおよぶかもしれないと心配もしているようだが、相当の儲けがあるらしく、金への執着心が会話からも表情からも見て取れる。


彼は「生きていくのには金が一番ですから」


家族より金なのか。


家族が一番で健康であってこその人生だろう。


もう一人の彼は、健康診断の便検査で2回とも陽性反応が出てしまったと。
今回の飲み会で、経験上から大腸の内視鏡検査を勧めようと思っていた。


乾杯の後でその話になったのでこれはチャンスとばかりに
「絶対に内視鏡検査をやった方がいいですよ。特に40代になったら一度はやるべきと医学的にも言われてますから。潜血があるということはポーリプの可能性もあるわけだし、早期で良性なら内視鏡での手術で簡単に終わりますから」


話をしながら聴いている彼の表情が険しくなっていくのがわかる。
出てきた言葉が


「大丈夫ですよ。痔ですよ、痔。切れ痔でしょ」


「いや、そう言ってほっといたら手遅れ、これが多いですから」


「検査めんどくさいし、死ぬときは死にますから」


「一日潰れる検査だけど、一度やっといた方が」
そのあとも言いたいことはあったが、彼の顔は反抗期の子供のようで、耳も塞がっているのがわかった。
聴いてくれるなら昨年の病気の経緯をも話すつもりでいた。


無駄な飲み会だった。


二度と飲み会はない。


痔であることを祈る。


家族に危害ないことも祈る。


10時からの25kのジョグで疲れてしまった。


買い出しも気が乗らなかったが「男はつらいよ」でも観ながら飲もう。


酔っぱらった寅さんのように


接してみるか


妻に




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。