瞑酩走

走り、酒を飲み、気ままに、寅さんのように。

環境の変化に負けながらも

10月から異動で環境が変わり、いまも慣れずに半月が過ぎた。ブログもやる気にもなれず、いま帰りの電車のなかでどうにかやっている。


4日のハーフは年代別優勝できたが、タイムは74分台と目標には届かなかった。それでもタフさには我ながら満足している。深夜2時に出発し、高速道路での移動距離350キロをノンストップで運転した。8時半のスタートラインには、余裕を持って立つことができた。


兄、姉も6時過ぎには応援に来てくれた。母は足の調子が良くなかったので、自宅で私の帰りを待ってくれている。それが何よりの力になった。

兄は3時には起きてサンドイッチまで作って来てくれた。胸が熱くなり、涙が落ちないように堪えた。


夕飯の母の手料理は忘れられない。家族四人での乾杯のビールも美味かった。

家族四人の貴重な二泊はあっという間に過ぎ去り、別れは涙を堪えることは出来なかった。

バックミラー越しに見える母はいつまでも手を振っていた。視界が涙で遮られ、ハンドルを力一杯握りしめ、肩が上下に動くのを押さえつけた。

軽自動車は新米に野菜や果物、孫たちへのお菓子でいっぱいになっている。

私の心は幸せと寂しさが入り交じり、母の小さくなった身体をいつまでも想っていた。



最寄り駅に着く。11日のレースのことは明日にでも。

それでは。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。