瞑酩走

走り、酒を飲み、気ままに、寅さんのように。

心と技と体

20日 走らず。


21日 10,33k 1:00:41(5:52)帰宅ジョグ


22日 4,10k  36:00(8:47)階段トレ3往復


23日 16,17k 1:26:17(5:20)


二日酔いで始まった今週、走ったのは火、水、木の三日間。今日は木曜日なのでいつもの川へ行くつもりが、夜中から降っている雨が明け方には本降りになっていた。
5時前には目覚まし時計で起きるが、迷わず二度寝して7時前に起きる。


バナナを食べ、ブラックコーヒーを飲みながらパソコンで時間を潰す。
ヤフーニュースでは日馬富士、昨日の白鳳の〔待った〕をアピールする記事が目に付く。
朝青龍のときから大相撲は国技でなくなった。モンゴル人に席巻され、心技体を兼ね備えた日本人関取もいない。
昨年亡くなってしまった千代の富士が現役だったらと空想してしまう。小学生の時から好きだった。男前で筋骨隆々で強い。スポーツ万能で、恐らくどのスポーツでも超一流になっていただろう。二度と現れない最強の関取だと思っている。


こんなことも考えながら強い雨が降るなか、10時過ぎから16kのジョグ。ポンチョをまといフードを被り8kで折り返す。雨は止む気配もないがそれほど寒くもなく、フードを被っているから視界が狭いぶん集中できる。
いままでレース前は調整などしたことがなかった。今週は三日間しか走ってなく、心肺に負荷をかけたのは昨日の868段の階段を3往復だけ。明日は昼休みラン、明後日は土曜日なので階段トレの日だが、ここまで来たら土曜日も昼休みランだけにして修行走に挑もう。
心配なのは右足首が歩きで踏み込むときにピキーンと痛みが走ること。走りでは痛みが出ないから大丈夫だとは思うが、修行走は長い下りもあるらしい。林道区間も距離があるらしくシューズも迷う。いつものターサージールか、6年も履いているアディダスのトレイルシューズにするか。雨は降らないようなのでターサージールか。


この大会、プロトレイルの方やトップクラスの選手が多数出るらしい。年代別だけでも狙っていこうと思っていたら総合での表彰しかない。これで少し気が楽になった。
トップクラスは4時間前後でゴールする。目標は4時間30分切り。順位も20位以内で。
帰ってくるまでがレースなので、往復400kの運転も事故なく、レースも怪我無くゴールすること。
これが一番。


山本健一さんが云っていた。
「ゴールできたら誰もが勝者」


ゴール後に何を想い、何を感じるのだろうか。


心技体が三位一体となって身についた漢に


少しでも近づきたいものである。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。