瞑酩走

走り、酒を飲み、気ままに、寅さんのように。

わけのわからないこと

5時起床、25分にスタート。木曜日恒例の川へと向かう。
昨日の今日なので500のボトルを持つ。
日差しはないが蒸し暑く、川に着く頃には汗が滴り落ちる。


今朝は先週のメンバーと、50歳の方の5人でビルドアップ。クラブ代表が今日は蒸し暑さが半端ではないので6周にしましょう、と言うのでありがたく乗っかる。
今朝は暑さからか会話も少なく、オリンピックの話題でも盛り上がりに欠けた練習となった。


スタート前、ある方に、「クロカンでわけのわからない練習したみたいですね」
日曜日のダンベルを背負った練習のことだ。
決して馬鹿にした言い方ではないが、言われて気分が良いわけはない。それなのに声に出して笑ってごまかしている。
この調子の良さが気に食わない。
社会に出てから今まで、笑ってごまかしてきたのは数知れず。
嫌いな人間、あわない人間にごまかしの笑い。
そうやって自分をもごまかしてきた。


人と同じこと、マニュアル通りなんて糞食らえ。
笑われてもいい。わけのわからない練習はしていく。


心の底から笑う時がくるはずだから。


総距離30,5k




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。